白髪染めの時は新聞紙を用意しよう

自分で白髪染めを行う時は必要なものは以下の通りです。

新聞紙は床に敷いておき、汚れを防ぎます。

タオルは服や皮膚に液が付かないように、首に巻いたり肩にかけたりしておきます。

ヘアクリップは髪の内側までまんべんなく染めるために、髪をブロックに分けてとめます。

コールドクリームは油性クリームです。

髪の生え際や襟足、耳の裏側に付けて皮膚を保護します。

髪に付けないように気をつけましょう。

これらの他に、製品に手袋が付属されていない場合は必ず用意しましょう。

手袋の袖口を固定するために輪ゴムも必要です。

白髪染めにはヘアマニキュアがあります。

半永久染毛剤です。

メラニン色素の分解は行わず、髪の表面にのみ染料を浸透させます。

白髪は自然な色に、黒髪は少し雰囲気が変化する程度になります。

シャンプーをするたびに色が落ちてしまうので、1ヶ月ごとに染め直す必要がありますが、ヘアカラーに比べると髪へのダメージが少なくなります。

髪の傷みが心配な方や、気軽に白髪染めをしたい方におすすめです。

染めた直後は襟元に色が付きやすく、また濡れると色落ちする場合もあるので注意しましょう。

髪の毛に白髪が混じっていると人に会いたくないな、と思ってしまう方は多いですよね。

白髪染めをしてきちんとケアしておきたいものですが、急なお出かけや来客があった場合、白髪混じりのヘアをどうしようと困ってしまう事もあるのではないでしょうか。

短い時間で白髪を目立たなくしたい、という方は、一時的着色料を利用してみましょう。

シャンプーすると落ちてしまいますが、さっと付けるだけでそのまま外出することができますよ。

放置時間も必要ないので手軽ですよね。

   
Ads by Sitemix